MEEEMOO

たまには気分転換。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
砕き割った
最近思うんだけど
なに?
すごくすきじゃない人との方が、うまく付き合えるんじゃないかって
なにそれ
友達よりもちょっと上、みたいな。そういう人と付き合うってこと。
それは俗にいう友達以上恋人未満というやつ?
そう、だけど恋人未満ではなく、恋人。
…まぁ、気は楽そうだけど
だけど?
そういうの、絶対だめになると思う。
なんで
付き合ってるうちにどっちかの気持ちが大きくなっちゃったら、バランス崩れて潰れちゃうでしょ?
確かに
それに、もしそういう人と付き合ったとして、それでも本当の好きな子から連絡があったらその子の方が気になっちゃうでしょ?そういうのって、よくない
…そうだね。っあーおれめんどくせー!
ほんとだよ。…普通に友達だったおんなのこからさ、いきなりすきすきって言われたらどうする?好きになる?
俺は、なっちゃうかもね
だったら、そういう子が降ってきたらいいのにね
そうだね、ほんとだね
漫画みたいだけどね

おもいびとのこと、忘れられないし新しい恋も始められない葛藤。なにこれ。
* だんぺん * 04:11 * comments(0) * trackbacks(0)
すいさい


しゃっちゃん。ポラのきりぬきテスト。くらいかも。
* しゃしん * 10:29 * comments(0) * trackbacks(0)
AM2:34
なーに?
なんでもない、なんとなく
じゃあね
ちょっと待って、ひどいな

真夜中の電話をとるのには、少しだけ勇気がいる。

「もうやめるよ」
無意味に会うのも、電話するのも
それは彼の、わるいくせ
「……なんで?」
動揺したのがばれないように、そう思ったら不自然な間があいて、だからできるだけ高いトーンで聞いた。馬鹿にしてるみたいに。
そうしたら、彼は笑った
「俺に会いたいの?」
「馬鹿じゃないの」
「ひでぇなぁ」
馬鹿じゃないの
本当に、そう思った
「もうほかの子代わりにしたりしない。俺、強くなるよ」
つよくなるよ
薄っぺらい言葉が様になるのは、彼のいいところ。
「……それは、頑張って」
「お前馬鹿にしてんだろ!」
「そんなことないよ」
電話越しの笑い声はいつもより柔らかい。
「ねむいの?」
「うん、ちょっと。時間が時間だし」
「電話なんてしてないでとっとと寝たらいいじゃない、明日早いんでしょ?」
「でも寝れなくて暇で」
「あの子に電話したらよかったのに」
「んー、お前がよかったからいいの」
「ふーん」
分かってるけど。
形だけのそれを引っ張り出して、それで喜んでいるわたしは重傷だと思う。

深夜の気まぐれに転がされるわたし。それにまったく気付かない彼。
どっちも救いようがないなって思った。
でも、嫌いじゃない。
だから間違っても口になんて出さないのだ。
失敗しちゃえばいいのに、なんて
* おはなし * 05:26 * comments(0) * trackbacks(0)
やさしいごご
「ねえ、そんなに似てる?」
「そうね」
話す間も、ぼくの髪を撫でる彼女の手は優しかった
彼女が言うには、彼女の昔の知り合いとぼくはそっくりなのだそうだ。
顔でも性格でも背丈でもなく髪の手触りが、ひどく。
「綺麗なハニーブロンドでね、蜂蜜みたいにきらきらしていて触るとつるつるで、見た目はまったく違うのにね、手触りはあなたの髪によく似てた」
嬉しそうに懐かしそうに、さっきそう教えてくれた。なんだかちょっと気に食わなかったけど、それは言わないことにした。
「ほんとうに、綺麗な髪」
「そうかな」
毛先を伝わる通り過ぎていく指の感触が気持ちよくて、暖かい枕が心地よくて、ゆるゆると眠気が襲ってくる。重たいあたまが彼女の柔らかい膝に、ゆっくりと沈んでいく。
「これで金色だったら完璧なのにな」
彼女は楽しそうに僕の髪をすくう。指先からぱらぱらとこぼれた髪が、耳にかかってくすぐったい。
「そんなにすきだったの?」
「そうね。綺麗だし、すごく気持ちいいじゃない」
「そのひとのこともすきだった?」
「そうね、すきだった」
「…ぼくも髪の毛きんいろにしようかな」
「折角綺麗なのに勿体ない。わたしとそっくりな漆黒色はいや?」
「ううん、だいすきだよ」
でもままがね、あんまり嬉しそうにに蜂蜜色のことを思ってるから。
「わたしもあなたのこと、だいすきよ」
額にかかった髪の隙間に、やさしい唇が降ってくる。
(だいすきよ)
なら、いいかな
膝も手も唇もまなざしも、全部が柔らかくて暖かくて穏やかで。そんなきらきらに包まれて、ぼくはゆっくりと、まぶたをおとした。
* おはなし * 06:32 * comments(0) * trackbacks(0)
とうふとそうめん

●チキンと豆腐のサラダ
鳥むね肉  1枚
木綿豆腐  1/3丁
キャベツ  適量
1.キャベツは千切りにして氷水にさらしてパリッとさせます。
2.鳥むね肉は塩・コショウを多めにしてサラダオイルでこんがり焼き、細かく繊維にそって裂いておきます。
3.豆腐は水切りをしてペーパータオルで包んで水分を取ります。
4.お皿にキャベツ・豆腐の崩したもの・むね肉を細く裂いたものを順に乗せて盛り付けます。
5.ゴマどれ(すりつぶしたごま大さじ3・マヨネーズ大さじ3・酢大さじ1・砂糖大さじ1/2・しょう油小さじ1/2)以上を良くすり混ぜます。
6.ごまドレをかけて、キャベツには酢・たれ・ごま3のあのドレッシングを掛けていただきます。

●オクラと納豆のそうめん
<材料・ふたりぶん>
紫芋そうめん:2束 ※普通のそうめんでも可 つゆ:400cc 麺つゆを好みの濃さに薄める。
おくら:2本 塩でもみ洗いし、0.5mm幅位に切る。 ひきわり納豆:1パック
ちりめん山椒:小さじ2 ねぎ:適量 4cm程の長さに切り氷水につけてしらがねぎにする。
ラー油:適量 かつお節:お好みで(山椒飾り)
☆そうめんは記載時間よりも硬めにゆでる。
<調理方法>
1 器に茹でたそうめんを盛り、おくら、納豆、ちりめん山椒、ねぎをのせ、つゆを注ぐ。
2 1にラー油をかけて出来上がり。 かつお節はお好みで。

●そうめんサラダ<材料・ふたりぶん>
ひじきそうめん:2束 ※普通のそうめんでも可
アボカド:1/2個  種を除き一口大に切る。
レッドアーリー(玉葱でも):1/4個 薄くスライスし水につけて臭みをとる。
リーフミックス(サラダ菜などでも):適量
鶏ささ身肉:90g  塩茹でをし、手でさく。
フレンチドレッシング:バルサミコ酢=大さじ6:大さじ2混ぜてドレッシングを作る。
ブラックペッパー:少々 (ピンクペッパー飾り)
<調理方法>
1/ボールに茹でたそうめん、アボカド、レッドアーリー、
   リーフミックス、鶏肉をいれ、 ドレッシングであえる。
2/器に1を盛り、ブラックペッパーをかけて出来上がり。

●ごまだれそうめん
材料1人分
そうめん(素麺) 100g
鶏ささみ肉(ササミ) 80g程度
○酒 大1
○自然塩 少々
胡瓜 60g
◎生姜摩り下ろし 小4分の1弱
◎白練りゴマ 大2分の1強
◎砂糖 小1
◎酒 小1
◎ごま油 少々
◎豆板醤 小4分の1
◎米酢 大2分の1
◎醤油 大1弱
トマト 50g


* レシピ(自分用!) * 10:53 * comments(0) * trackbacks(2)
<<2/14 pages>>
qrcode